三味線はじめました♪

三味線
Reading Time: 1 minute

落語に関わるようになって、邦楽に触れる機会が増えました。が、実は全く分かっていない(苦笑)ピアノ、クラリネット、サックス、トランペット・・・・・・ほんのちょっとだけお祭りの横笛。音楽にはずっと携わってきましたが、邦楽って、幼稚園の時に演奏したさくらだけ(笑)いざやってみるか!と思ってもどこから手をつけて良いかも分からないってことで、お稽古に通うことにしました

迷いに迷った教室探し

さて、邦楽をやろうと思ったときに、何を習おうって考えて、笛か三味線って思ったんですね。笛はお祭りの時にちょこっと吹いていたし、格好良さそう!とはいえ、今や全盛期に比べてどう考えても肺活量も落ちている・・・・・・だったら、憧れの弦楽器(ピアノも弦楽器というのは置いておいて)に初挑戦しようかなと三味線を選びました。

下町に住んでいる私。実はお教室、いっぱいあるんですよね。長唄、小唄も混みでたくさん。ただ・・・・・・あまり日曜日にお稽古できるところが少ない。だいたい平日の夜なんですよね。。。早くても19時くらいまでは、だいたい仕事をしている私からすると、通えるお教室がないというのが現状だったんです。

そんな消極的な理由で選んだのが、月2回のお稽古をという和奏伎という教室。もともと大阪中心の教室ですが、東京でもやっているということで、お手軽そうということもあり、こちらにしました。

いろいろと勉強が進めば、それこそどういうことをやってみたいとか、どういうものを聞けばいいかとか、多分いろいろ分かってきて、方向性も見えてくるだろうな、とりあえず最初は出来る範囲でやろうというのも理由です。

で、結局、行き着いた先は落語でした(笑)

先々月、体験教室に行って驚きました。だって、落語の出囃子やってるんですもん(笑)そう落語の出囃子を中心にやっているお教室だったんです。8月、ある落語会さんで、下座に入るそうです。

あ、もちろんそれだけじゃあなくて、いろいろな稽古はするけれども、そういう目標もあってそういうこともやっているってことで・・・・・・。

さぁ、頑張ればそのうち下座に入ることもあるかな。それが知っている人だったら面白いですよね(笑)いやお互いやりにくいか(笑)まぁ大きなところでやったり、ちゃんとした独演会なんかになっちゃったら、多分、10年も20年もかかるから、なんて言っていたら、できるところないですね(苦笑)CDで十分だったりするところも多いもんなぁ。でも、気持ちいタイミングで!なんて形で手伝えたら面白いかなぁ。などと妄想膨らんだりして(笑)

先は長い!だってまず構えられないんですもん

体験会の時からう~んって思っていたんですけれど、右腕で三味線、支えられないんですよね~。どうやったらうまく支えられるんだろう(苦笑)でもそうしないと左手動かせられなくて弦持てないしって、入り口で躓いている私です。

その上、ピアノを辞めてから、ちょっと嬉しくなって爪を伸ばしていた時期があるんですよね。ネイルサロンで爪の形きれいですね~とか言われていい気になり(笑)

で、結果何が起こったかというと、深爪できなくなっていることが判明!爪と接する皮が伸びてしまって、深爪しようとすると痛いんです。爪、平らにしてねって言われたんですけど、平らにならない!!!挙げ句、ちょっと頑張って深爪してみたら、普段の生活の家事の中でその皮の部分が切れてしまい痛い。。。。。

でも、お稽古で三味線の音色を聞いていて、全く分からないけれど、邦楽の音階とか、和音とかってやっぱり独特で、これはこれで面白い響きだなぁ~なんて改めて思いました。

相変わらず何聞いて良いかわからないから、歌舞伎のあれやこれやとか、好きなあたり聞いてみるかなぁ。そもそも楽譜がなじみが無いんですよね、西洋の楽譜と全然違う!でも口三味線とか面白いんだよなぁ。

新しい世界が目の前に現れたなぁって感じです。もちろん、近いうちにちょっと長期の出張もありますし、忙しくなってしまう可能性も高くて、行けない日も多いっていうのは仕方が無いんですけれどね。。。本当はピアノも再開したいんだよなぁ、電子ピアノ欲しいなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました