春風亭昇吉 の「紙屑や」 三味線に唄 あんな風にできたらなぁ

三味線
Reading Time: 1 minute

第五回 東京六大学落語会に行ってきました♪ お目当てはもちろん春風亭昇吉さん。東京大学出身の二つ目の落語家さんです。

今回の演目は・・・・・・

  • 金原亭乃ゝ香さん:牛ほめ
  • 立教 金原亭馬久さん そば清
  • 法政 初音家左吉さん 無精床
  • 明治 立川志ら乃さん 壺算
    • 仲入り
  • 慶応 立川談慶さん 夏泥
  • 東京 春風亭昇吉さん 紙屑や
  • 早稲田 古今亭志ん吉さん 火焔太鼓

見方が変わったかも つい三味線&唄が気になる!

お目当ては昇吉さんですが、いろんな方の落語が聞けるのも六大学のお楽しみ。今回は、志ら乃師匠の壺算、私は好きだったなぁ。

などと、いろいろと感想はあるのですが、一番、変わったなぁと思ったのは、やっぱりね、下座が気になるんです。三味線のお稽古始めたからなんですよね。2回目のお稽古の時に、唄も練習しようねぇなどとちょうど話をしていたんです。まぁ、まともに構えることすら出来ないんですけどね、三味線。

昇吉さんの演じた「紙屑や」というお話。お隣から三味線やら唄が聞こえてきて、思わず若旦那が踊っちゃうというようなシーンがありまして、お話の中に良いタイミングで三味線の音やら唄が聞こえてくる。

私個人としては落語が好きなので、客席で聞くのもいいのですが、あんな風に下座からね、良いタイミングでバックアップができたら最高だなぁとついつい思ってしまいました。

でも面白いモノで、お稽古始めると、だいたいの音がわかるので、ちゃんと曲が耳に入ってくるから面白い。まだまともに調子もわからないのにね(苦笑)ふと、お稽古初めてからまだ歌舞伎を観に行っていないのですが、歌舞伎も曲がよく聞こえるようになるのかなぁ?と思ったりしました。歌舞伎を観る楽しみがまた増えたかも。

もちろん、昇吉さんの紙屑やは本当に楽しかった

六大学での昇吉さんの活躍(?)はオフィシャルサイト②の記事でどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました